世界のお酒大全

world-liquors.net

世界最古の酒、ワイン

      2015/05/20


西欧の日常に溶け込み支える、世界最古のお酒

 

主原料

・ぶどう
※白ワイン→白ぶどう
赤ワイン→赤ぶどう

種別

・醸造酒

美味しい飲み方

・ストレート
・カクテル
・料理に

アルコール度数

・平均13度

どこから発生?

・西欧諸国

フランスといえば!のワイン。
フランスに限らずイタリア・ドイツなどのヨーロッパと、アメリカ・チリ・南アメリカなど、いまや世界中で生産されているお酒です。

高級レストランで『○○年物の・・・』というイメージも強いですが、西洋では文字通り水代わりに日常的に愛飲されていた時代もありました。
ヨーロッパの地域の多くで、硬水しか湧かず水が飲めなかったという背景が見えてきます。なので、世界のワインの製造量のうち、ほとんどは2年前後の短い熟成期間で仕上げ、テーブルワインとして出荷されています。

18世紀の美食に華やいだ時代から、ワインは料理との結びつきが強く、皮由来の渋さが特徴的な赤ワインは肉と共に、フルーティな味わいの白ワインは魚にと、基本的に料理に合わせて供されます。

 - お酒の基礎知識編, 世界のお酒の種類, 醸造酒 , ,