世界のお酒大全

world-liquors.net

ミードの歴史・ミードが出来るまで

      2015/05/20


前の書いたとおり、ビールやワインに比べて決して知名度の高いお酒というわけではありませんが・・・ギリシャの神々のお酒(ネクタル)として扱われるほどの古い歴史があります。乾きに苦しむ旅人が、偶然地に落ちてひっくり返っていた蜂の巣に溜まっていた雨水を飲んで、ミードを発見したといわれているそうです。

ローマの英雄シーザーも好んでいたともいわれ、最近ではハリーポッターの劇中でとある先生が「秘蔵の蜂蜜酒を・・・」なんていうシーンもあったり、かの有名なクトゥルフ神話にも登場していて、「一度は飲んでみたい」いう人が多いお酒でもあります。

蜂蜜が主原料であるここから栄養価・滋養強壮に効くとされ薬として「メセグリン(Metheglin)」というミードが人々の健康増進に役立った背景からか、英語の薬を意味するメディシン(medicine)の語源になったとも言われています。

 ミードのトリビア

ハネムーンの語源に

森と共に活きた古代~中世のゲルマンの民は、新婚直後の新婦は外出せずに1ヶ月間は家で蜂蜜酒を造り、新郎に飲ませて子作りに励んだそうな。ミードに蜂蜜の滋養強壮作用と高い栄養価があるとされた事と、ハチの多産にあやかってといわれています。

またかなりの確率で第一子に男の子が生まれると現在でもジンクスのように信じられていて、同時に願いも込められているようです。これによって「蜂蜜の1ヶ月間」蜜月(Honeymoon:ハネムーン)という言葉が生まれたらしいですね。

作れるけれど作っちゃダメです!

ミードはとてもシンプルなお酒。蜂蜜にお水が加わると、中に含まれている酵母の働きで勝手にお酒になっていってしまいます。日本酒のように麹を入れたりだとか、糖化をさせたりというのが必要ないんです。製法はシンプルですが、もちろん作ってはダメ!法令に引っかかってしまいますので・・・。

ミードができるまで

原料は蜂蜜、そこに水を加えて薄め、酵母を入れて発酵させて作ります。ひとまずこれだけでミードは完成ですが、副材料のハーブやスパイス、果汁でそれぞれの製品の個性が出ます。ハリーポッターに登場するミードはホラス・スラグホーン先生がお気に入りのオーク樽熟成蜂蜜酒でした。この先生の好物は他にもパイナップルの砂糖漬けなんかもあるので、ミードはえらく甘党好みのお酒なんだとうかがい知れますね。

 - 世界のお酒の種類, 醸造酒