世界のお酒大全

world-liquors.net

アマレットの歴史、アマレットができるまで

   


1525年にベルナルディーノ・ルイーニというイタリアの画家が、サロンノという街のサンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会に、聖母マリアのフレスコ画を描くよう任じられ訪れたそうです。絵のモデルとして宿屋の若い女主人を雇い、次第に恋におちて、この女性がベルナルディーノへの贈り物として作ったお酒が、アマレットの原形と言われています。

そしてアマレットの元祖でもあり今でも最も有名な銘柄の「アマレット・ディ・サロンノ(Amaretto Di Saronno)」は、ミラノ地方の菓子アマレッティに似た香ばしい香りだったので、このリキュールは「アマレット」と名前が付いたといわれています。なお、アマレットはイタリア語では少し苦いものという意味だそうです。
元はこの元祖が「アマレット」として販売されていたのですが、同業他社が「アマレット」という名前で類似品を販売し始めたので、本家元祖の方が1992年に現在の名称「アマレット・ディ・サローノ」と改名しました。

 アマレットのトリビア

アマレットを使ったカクテル

甘く飲みやすいアマレットは、ソーダやジュースで割ってカクテルにすると更に美味しく飲めます。
以下、アマレットがレシピに入っているカクテルです。

イタリアン・スクリュー・ドライバー
オーガズム
ゴッドファーザー
ゴッドマザー
ゴールデン・フレンド
シシリアン・キッス
フレンチ・コネクション
ボッチ・ボール
ロード・ランナー

なお、若い女性に好まれることが多いですね。ですが、ストレートでも上品で味わい深い大人のリキュールという風格がありますので、一度といわずストレートでも楽しんでみてもらいたいです。

イタリアのドルチェ作りには欠かせない

甘く香ばしい香りは、お菓子作りにも使われます。特にイタリアのデザートつくりにはよく登場するようで、ティラミスにも効果的にアマレットが生かされていますし、パンナコッタもアマレット無しには成り立たないといわれています。

アマレットができるまで

宿屋の女主人が作った最初のアマレットのレシピは秘蔵のもので、彼女の没後長いときを経て、そのレシピが発見され、ここでもまた秘蔵として守られてきたといわれています。原料として確実に使われているのは杏の核(杏仁)で、それを中心に17種類のハーブや果実を配合し、それとスピリッツと砂糖をバランスよく合わせて作られます。

 - 世界のお酒の種類, 混成酒(リキュール)